• Interview Files

    NO ID.を通じて関わり合う
    クリエイティブな方々をお招きし
    普段は中々知る事のない一面を
    対談形式で発信していく新しい試み
    ファッション、ライフスタイル、
    ビジネスに対するそれぞれの考え方を
    ご覧ください

    Vol.4

  • SHINYA ITOH

    Fashion Stylist

  • Vol.4 Fashion Stylist

    第4回目となるインタビューは現在Youtubeでの再生回数が7000万を超える
    爆発的ヒットを飛ばしたDA PUMPの
    ニューシングル【U.S.A.】のスタイリングを
    担当したスタイリスト伊藤伸哉さんをご紹介。

    本日はお忙しい中、インタビューのお時間作って頂きありがとうございます。

    いえいえ、とんでもないです。NO ID.さんとは非常に長いお付き合いなのでお声を掛けてもらえて嬉しいです。

    今、凄い勢いですね!U.S.A.の再生回数がぐんぐん伸びてyoutuberの方々も踊ってみたとか歌ってみたとか大勢の方に注目を浴びてますね。

    いやー本当にありがたいですね。こんなにもたくさんの方々に聞いて頂けているなんて。

    自身が担当しているアーティストが今の状況に置かれているのはどんな気分ですか?

    純粋に嬉しいですね。ニューシングルを出す期間も3年半とかなり間が空いてしまっていたのでどうなるか想像も付きませんでしたが微力ながらやっと力になれたかなと。

    謙遜しますね(笑)

    いやいやいや(笑)僕をスタイリストにしてくれたのは4人の頃のDA PUMPなので。僕がメインでスタイリングを担当させて頂いてから15年経ちましたが以前は僕の師匠の大久保篤志さんが担当されていて当時はスーツを着て激しく踊る4人組というヴィジュアルが完成されていました。僕もそのイメージを崩さない様にと意識していました。
    でも今のメンバーになってからはまだ完成形ではなくこれからまだまだ進化を遂げていく最中だと思うのでそういう意味ではおこがましいかも知れませんが彼らの良さを服の力でプッシュしていければと思っています。

    服によって印象って凄く変わるからスタイリストの仕事ってイメージを左右する重要な役割だなって改めて実感しました。

    今回のPVに関してはイメージやテーマはどういった感じでしたか?

    僕は彼らのお仕事をさせて頂く時は曲を聞きこんで、ダンスの振り付けを繰り返し見てそこから得たイメージで提案させてもらっています。
    今回は最終的にあのイメージで落ち着きました。初めにタイトルを聞いた時はU.S.A.に合わせてアメリカカラーの赤、青、白で統一したスタイリングも頭をよぎりましたが聞き始めるとそれじゃ何か違うかもなと。
    カラフルな印象が僕の頭の中にあったのでそれなら全員バラバラの衣装にして良い意味でアメリカらしい自由なスタイルを一人一人に着てもらおうと思った結果がこうなりました。

    だからこそあの世界観なのですね。日頃からの色々な経験も積み重なり感性が豊かだなと思います。リリースされてからの周囲の反応はどうでしたか?

    僕としては結構キャッチーに作れたかなと思ったのですが完成されたCDジャケットの反応は「ダサい」でしたね(笑)満場一致で(笑)

    (笑)でも今となれば「ダサい」は褒め言葉に変換されてますよね。実際、歌唱力もダンスも抜群ですし高いパフォーマンスできる彼らが真剣にふざけてる感じが面白いですよね。個人的にはユーロビートを通った世代なので30代は相当食い付いたんじゃないですかね。

    レコード会社はいろんな要素を踏まえた上での戦略だったのかなと思います。

    これだけ話題になると今後も過密なスケジュールになりそうですね。

    そうなってくれると嬉しいですね。特に年末は色々な音楽番組などが多数ありますのでNO ID.さんにも彼らの衣装制作をぜひお願いしたいですね。

    それいいですね!実現させたいです!

    僕が最近良くお借りしてるベロアのシリーズあるじゃないですか。あちらでしたら凄く伸縮性もあって動きやすいからバッチリですね。衣装映えもしますしストリートな匂いがするベロアのスーツとか作ってみたいですね。

    確かに。ベロアシリーズはハマりそうですね。おっしゃる通りデザインもストリートな要素を取り入れてますからね。

    上品なイメージだった素材をデザインやシルエットなどであえて崩したアンバランス感が面白そうですよね。

    衣装となるとかなりの時間勝負になりますからね。具体的に決まったら迅速なご連絡お待ちしてます(笑)

    話は少し戻りますが伊藤さんのスタイリスト歴はどの位ですか?

    アシスタント時代も含めると20年位経ちますね。先程もお話に出ましたが大久保篤志さんが師匠になります。

    ファッション業界にいたら必ず一度はお聞きする程の大御所スタイリストじゃないですか!凄い方の下で経験を積みましたね。

    本当に運が良かったですね。仕事の内容や担当されている芸能人の方々も有名な方ばかりでしたので他では出来ない経験をさせて頂きました。

    今と昔の違いってありますか?

    僕が10代の頃はテレビ番組などでスタイリストが表舞台に出ていましたね。当時、テリー伊藤さんが演出されていた「浅ヤン」にスタイリストがクローズアップされていてお洒落でカッコいい職業としてスタイリストが注目されていました。

    浅ヤン懐かしいですねー!小学生でしたけど毎週見てました。宮路社長さんとか江頭2:50さんとか曲者揃いだし企画の振り幅も広かったですよね。無茶な内容が多くて楽しませてもらいました。

    かなり過激でしたよね。(笑)その当時のファッションリーダーが武田真治さんでした。 僕も単純に憧れて服装や髪形を真似してました。

    雑誌の表紙にもたくさん載ってましたよね。兄が雑誌のASAYANを買っていたのでイメージに残ってます。しかも今はその憧れだった武田さんのスタイリングもされてるじゃないですか。

    非常に光栄ですね。最初にお仕事させて頂いてから13年経ちますが未だに刺激を頂いております。

    僕がスタイリストになりたいと思ったきっかけが武田さんとお仕事がしたいと思ったからなんですよ。

    あっ!そうなんですか!

    そうなんですよ。僕、運だけは強いみたいです。(笑)

    素晴らしい師匠に出会えて、そして念願の武田さんのスタイリストとして携われて一つ一つ夢が叶えられていっているので幸せですね。そしてここからのDA PUMPとのお仕事も非常にわくわくしています。

    良い流れがきてますね。伊藤さんはリースの時も毎回凄い試着して着られる方のイメージを想像してますよね?勿論、仕事の一環なのでしょうけど徹底している印象があります。

    そうですね。僕は洋服は着てみないと分からないと思っています。実際に着る事によってその洋服のアームの太さ、ウエストのくびれ、ラペルの大きさ、パンツのシルエットなどを把握し全体のバランスをイメージします。着て頂く方の体型、そしてキャラクター、TPOにもよりますが洋服を着せられている雰囲気ではなくその方が所有している一張羅に見えるようなスタイリングを心掛けています。今はアイテムのリサーチもネットで探せばたくさん調べられますけど僕は実際にお店に伺い自分の身体で試します。見た目は探していた物でも着てみたら違うなって事もありますよね。だから自分の足で探したブランドさんに出向いてお世話になる機会が多いですね。

    説得力ありますね。アナログかも知れないですけど服は着る物だからシンプルでいいですね。

    僕が携わっている仕事がスチールよりもムービーが昔から圧倒的に多かったので誤魔化しが効かないというか。スチールだったら見えない部分を摘んだりして工夫はできますけどそういう訳にはいかなかったので。その点は武田さんからかなり影響を受けました。

    サイズだけではありませんが武田さんご本人のコーディネートは完璧です。今でも惚れ惚れします。武田さんに会う前と会った後では洋服に対する全ての意識は変わりましたね。

    NO ID.のライダースパンツはかなり着用して頂けて嬉しいです。

    その節は衣装も作って頂きありがとうございます。ほんとにライダースパンツは気に入ってらっしゃってトータルで何本買わせてもらったんだろうって感じですね。(笑)

    懐かしいですね。タイトなスケジュールで不安でしたがサイズもちょうど良くて安心しました。

    今でもライブなどのイベント時によく使用させて頂いております。プライベートでも星のスタッズが付いたモデルも現役ですね。サンプルがあがる度に幾度となく試着させて頂いておりますので細かい微妙なサイズ感の差も把握できる様になりました。(笑)

    発売される度に入念なチェックが伊藤さんから入りますからね。多分、自分より詳しいですよ。(笑)

    伊藤さんの今後の目標はありますか?

    目標ですか?

    そうですね。当初願っていた夢は多少叶えられたのかなと。目標という話ではないかもしれませんが現状に満足する事なくスタイリストとしての腕を日々磨いていきたいですね。

    一筋で気持ちいいですね!昔と今では仕事に対する向き合い方に変化はありますか?

    向き合い方に変わりはないですね。僕の仕事って洋服を着せる事が最終的な仕事ではなく如何に着た本人が「あっ!俺、カッコいいじゃん!」て気持ちを高めて頂く事の方が大事だと思っていますので。服を着た時のその感覚を毎回感じて貰えるように日々努力する。そこは変わっていないですね。ファッション自体が日々変化しているので新しさを取り入れる柔軟性やトレンドへのアンテナは常に高く保っているようにしたいですね。

    人と人が服を通して繋がりクリエイティブな作品が生まれ新しい価値観が創造されて行くまでにはお互いプロとしての弛まぬ努力の積み重ねがあってこそだなと感じました。伊藤さんのまっすぐな志は参考になります。

    上村さんともNO ID.さんがあってこそ繋がれた仲ですからね。これからもオリジナリティに溢れたクセの強いアイテムを期待してます。

    本日はご多忙の中、ありがとうございました。普段はこんなに話している時間なかったので知り合って数年経ちますが新たに色々教えてもらえて楽しかったです。

    今度はゆっくり食事でも行きましょう!衣装の件もよろしくお願いします。

    ですね!ぜひ一緒に面白い事やっていきましょう!

  • PROFILE

    伊藤 伸哉

    年齢 40歳

    経歴

    1998年スタイリスト大久保篤志氏に師事

    2003年スタイリストとして活動開始

    現在の主な仕事

    「DA PUMP」「 武田真治氏」
    NHK「ごごナマ」船越英一郎氏を担当
    その他、色々なジャンルでも精力的に活動中