気温も下がり本格的なアウターシーズンが到来
寒さが厳しくなると外出するのも気が引けてしまいがち
しかし、そんな季節だからこそ洒落たコートを纏い気分を上げて
春夏ではできない今だから着れるアイテム達を使い思う存分楽しんでいただきたい。
今回は間違いなく気分を盛り上げてくれるオリジナリティに富んだ
NO ID.らしい独創的なデザインのコートをメインとしたスタイリングをご紹介。
せっかく楽しむのなら他の人とは一味違ったアイテムで今年らしさを演出してみては如何でしょうか?

スウェードタッチのマットな質感の表面と毛足の長いフェイクファーが特徴のフーデッドコートをメインとしたスタイリング。 ニットにはアイキャッチの強いアニマルモチーフを差し込みアクセントを効かせラウンドシルエットのインナーでレイヤードバランスと色味の統一感を整える。 こちらのインナーはデュアルウォームと呼ばれる機能素材で蓄熱、保温機能を備えており身体から出る水分を吸収し繊維が発熱をする優れた素材となっている為、寒い季節に持っていて間違いなく重宝するマストなアイテム。 縦のシルエットを意識した本作はファスナーを閉じればよりスマートなラインとボリュームのあるフードがモードな雰囲気をプラスしてくれる。 更にこちらのコートはリバーシブル仕様となっているので気分に応じて使い分ければより着こなしの幅も広がるコストパフォーマンスの面でもお勧めの逸品。

フェイクムートンリバーシブルフーデッドコート
詳細はこちら

19世紀にイギリスで生まれた伝統的なコートの一つとして現在でもヨーロッパ地方、そして日本でもスタンダードな位置付けとして人気を誇るチェスターコート。 今季のNO ID.ではトレンドのフェイクファーとチェック柄をミックスした新感覚の生地を採用。 ファーとウールが交互に交わる事で描かれる立体的なチェック柄の表現方法に拘りが垣間見える。 チェスターコートはカチッと綺麗にまとめがちだが本作の遊び心を充分に引き出すのなら中に合わせるアイテムもコートに負けない主張の効いたデザインがお勧め。 その中でも今季は派手見えするスパンコールを使ったキャット柄は春夏から継続してアニマルモチーフのアレンジアイテムとして要注目。 パーカを差し込むことで抜け感がプラスされより優しい印象も与えてくれる。 そしてチェスターコートにマストなスキニーパンツは裏地がフリース素材になっている冬仕様のデザインで見た目も着心地も抜かりない仕様に。 全体をブラック×グレーのトーンオントーンでまとめる事で全体が引き締まりアクセントとしてスパンコールが映えるスタイリングが完成。

チェックチェスターコート
詳細はこちら

一目見て普通のコートとは違う存在感を放つグラデーションカラーのボディが特徴のコート。 ウール混の生地はスライバーニットと呼ばれる手法により糸を織らず繊維をそのまま編み込んで作る特殊な製法で作られている。 その為、従来のコートよりも弾力性に優れており柔らかくそして軽い風合いに 更に生地の中に入った空気が繊維の中で温まり高い保温性も発揮する優れた性質も備えている。 こちらのコートと相性の良いインナーが花柄を施したカットソー。 春夏の色彩豊かなイメージの強い柄をNO ID.のモードラインらしく退廃的なモノトーンで表現。 フロッキープリントと呼ばれる手法を使い柄の部分だけを立体的に浮き上がらせる事で通常の平坦なプリントには出せない質感を与えている。 フードが一体化された流れるようなシルエットに合わせ上から下にかけて色味もグレーからブラックに変化させる事で全体のスタイリングに統一感を出している。

WTグラデーションフーデッドコート
詳細はこちら

その他のNO ID. BLACKのアイテム